フィギュアスケートのプレロテジャンプとAI採点について考えてみる

多くを語るまでもなく神大会となった19年フィギュアスケート世界選手権大会。

興奮も冷めやまぬ一方で、ネット上では以下のニュース記事が話題になりました。

「ごまかしジャンプ」は減点を! フィギュア採点にAI導入を望む声 2019.0324週間朝日

記事タイトル・前半部分では技術点該当部分にフォーカスしていると思いきや、後半中盤以降は演技構成点の話も出てきているというわかりづらい文章なのですが、、、

今回は前半とタイトルにある”プレロテ”問題の解説とAI判定の可能性について書いていきたいと思います。

想定読者

  • フィギュアスケートのルールについて一定の知識を有している方を想定。(そのため細かい用語の説明は省きます。)

”プレロテ”とは何者か?

誤解を与えないために前提としておきますが、”プレロテ”(プレローテーションの略)、またその派生形としてトゥ系ジャンプで用いられる”フルブレード”という単語は現行のフィギュアスケートの公式ルールブックであるジャッジングシステムテクニカルハンドブック内で用いられているものではありません

(さらに補足として、自身は大学入学から競技を始めて、部活動と民間クラブで練習を重ね、バッジテストの初級〜3級を取得しましたが、日常的な指導・試合・テストの現場では一度も聞いたことがないワードです。)

以上を前提に、話題になっている”プレロテ”が意味するものとは、

ジャンプを行う際に、滑走ブレードが離氷する前までに既に身体が回転してしまっている部分のことを指します

また、その派生系として、”フルブレード”とはトゥ系ジャンプにおいて、トゥではなくエッジを使用して踏切を行うものを指します

主にフリップジャップやルッツジャンプの踏切後がループジャンプの踏切のトレースになるようなものです。このようにして跳ぶ選手は、そうではない選手に比べて、離氷する前の回転の度合いが大きくなる傾向にあります。

このあたりは様々な方が既に説明されていますし、”比較動画”なるものが蔓延っているので詳細は割愛します。(気になる方は調べてみてください、)

そのような”比較”が正しいかどうかはさておき、ただ一つ忘れてはいけないことは、

フィギュアスケートのジャンプはエッジを滑らせて跳ぶ性質上、離氷の前から既に”ある程度”回転が始まっているものだということです。

つまり、4回転ジャンプや3回転ジャンプなどとは言われてはいますが、空中できっかりと360度×回転数分の角度回転しているものではないというのが正しい認識です。

では、この”ある程度”がどこまで許容されうるべきなのか?この話題の論点はここになるでしょう。

ルール上はどうなっているの?

この点に関する事項について、現行ルールでは以下のように定義されています。

明らかに前向き(アクセル型ジャンプの場合には後ろ向き)踏み切りのジャンプは、ダウングレード判定のジャンプとみなされる。トウ・ループが、最も一般的に踏み切り時にごまかしがあるジャンプである。テクニカル・パネルが、(しばしばコンビネーションやシークェンスにおいて) 踏み切りでのごまかしでダウングレードかどうか決定をする際に再生で確認することができるのは通常速度のみである。 テクニカルパネルハンドブック18/19版

つまり、角度に換算するとおよそ2分の1回転以上、加えて通常速度で見ても明らかな場合にのみ、ごまかした踏切のジャンプと認定され、重度の回転不足を意味するダウングレードの判定となることが明文化されているのです。

本当はここで具体的な動画を貼り付けたいですが、問題もありそうなので、詳しくはぐぐるなどしてください。。。笑

しかしながら、冒頭記事に戻りますと、以下のような記述が見られます。

今、ファンの間で問題となっているのは「ごまかしジャンプ」の存在だ。離氷時に4分の1回転ほどする「プレローテーションジャンプ」と呼ばれるもので、減点の対象として判定すべきだという声は多い。

誤解しないで頂きたいのは、

ここで「ごまかしジャンプ」とされている、離氷時に4分の1回転ほど回ってしまうジャンプはルール上定義されている、ごまかした踏切のジャンプの適用外であり、全く問題はないということです。

(この点、記者の方にはもう少しきちんとわかりやすく記述してほしいところ。。。)

先程申した通り、フィギュアスケートのジャンプは氷上で回転を全く始めることなく行うことはほとんどできないものなのです。

中締めですが、まずは下記の理解を得ることが大事です。

巷で”プレローテーション”や”フルブレード”と呼ばれているジャンプは、現行ルールで明記されている”ごまかした踏切のジャンプ”と認定されてしまうようなものではない。

色んな情報が出てきますが、競技上はプロトコルとテクニカルハンドブックが正義です。

選手はこのルールに基づき競技を行っていることをお忘れなく。

何がフィギュアスケートのジャンプの正解なのか?

さて、この理解を得た上で初めて出てくる疑問が、フィギュアスケートのジャンプにおいて、何が正解なのか?というものです。

つまり、現行ルールのあり方そのものを疑うという姿勢です。多くの人が本当に言いたいことは、プレロテ該当選手の批判ではなくここのはずです。

前述のように現行ルールではこの類のジャンプは問題が無いとされています。いうならば選手個人の個性の範疇ということでしょう。

しかし、今まで数多のルール改定が行われてきたのがフィギュアスケート。

以前までは大きなミスではなかったジャンプの回転不足や、フリップとルッツの間での踏切のエッジエラーがどんどん厳格になってきた経緯もあります。

”プレロテ”や”フルブレード”と呼ばれるジャンプをあくまでも選手のジャンプの個性と捉えるのか?それならば、その個性の範囲はどの程度なのか?

これはなんともいえません。

、、、はっきりいってしまえば”決め”の問題だと思います。(こういってしまうと身も蓋もないのですが)

ただ、この記事で今回まず伝えたかったのは、

  • 現行ルールではプレロテ、フルブレードについては定義されていないこと。
  • 最初に取り上げた記事内で記述されている「ごまかしジャンプ」はルール上明記されているごまかした踏切のジャンプには該当しないということ。
  • ルールに対して疑問を持つことはまだしも、現行ルールで戦う選手を批判することはおかしいということ。

以上3点です。

AI採点の可能性は?

さて、自身も研究としてジャンプの回転不足の自動判定を試みている身です。

しかし残念ながら、僕が取り組んでいるテーマは、そもそもジャッジが正しく認識できているか?という問いに対する答えとなるものではありません。

僕のアプローチはあくまでも、ジャッジが国際大会で判断したものを正しいと仮定した上で、その判断の基準を機械に覚えさせることができるか?というものです。

その理由は、もし上のような問題設定(=ジャッジが正しく認識できているか?)とした場合に、そもそもフィギュアスケートのジャンプがどうあるべきなのかの正解を勝手に定義することができないためです。

例えば、着氷時の回転不足には基準が角度で明文化されていますが、では実際の映像のどことどこの角度が判断の基準なのかなどは、僕のような素人には知りえません。

仮に自分で定義したとしても、実際と異なると言われてしまえば意味をなさなくなってしまいますしね。。。

上記で取り上げたプレロテも含めて、この”正解”の部分がもう少し明確になっていなければ、このようなアプローチは難しいかと思っています。

ちなみに富士通と体操連盟の取り組みに関しては、このような曖昧な正解の表現を逐一定義するとこから始めたとのこと。

おそらく多くの人が望んでいるのがこちらのアプローチ。もちろん僕自身もフィギュアスケートにおいてもこちらのアプローチのような標準的な動作が定義されることを望んでおりますし、取り組んでいきたいところですが、これは並大抵のことじゃないでしょう。。。

一方で、実際に評価された膨大な量の結果から、その基準を機械に覚えさせることはAI(機械学習)が得意とするやり方ですし(詳しくは機械学習の教師あり学習についての項を御覧ください)、このアプローチでも実現すればフィギュアスケート界に貢献しうる研究成果になると考えています。

なので、自分ができる範囲の研究として、大会の結果を正しいとするようなテーマ設定で取り組んでいるわけです。

無論、このアプローチで行ったとしても、AIが何を基準に判断しているか?を解釈することは困難を極めます。これもAIの特徴です。

加えて、放映映像を使用するしかないなどの悪条件、そもそも複数人の人間が下した揺れのある結果であることから、高い精度が出ることは望めない、、、なんてまぁ考えだしたらキリがないので、つべこべ言わずまずやってみようという段階です。

ただ批判ばっかしてたって、しょうがないですしね笑

てことで、既存論文手法の再現実装レベルですが、報知新聞社が主催したSportsAnalystMeetupというミートアップで発表した資料のリンクを付け加えておきます。自身が考える問題意識も含めて資料にしましたので、興味のある方はぜひ御覧くださいませ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする