SDM SXLP

KEIO SDM SXLP メンバーでZoomミーティングをしてみた!

この有事の状況で、スポーツ界では今なにが行っているのか今後何ができるだろうか?

慶應SDMが主催するスポーツ経営人材プログラムSportsX Leaders Program受講生の有志約20名がオンライン上で集まって、それぞれの立場からの情報共有とネクストアクションのディスカッションを行いました!

 

SXLPのプログラムに関してはこちら!

あわせて読みたい
KEIO SDM SportsX Leaders Program講座開始!前回記事にも書いたように、慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科が主催するSportsX Leaders Programの...

 

プログラム受講生はいずれもスポーツを”する””見る”・”支える”・”活用する”いずれかの観点から業務に携わっているメンバーばかり。

 

それぞれが今直面しているまさに生の声を聞くと同時に、アクションプランも検討しました。

 

2時間強のミーティングの中で議題は主に3つ。

  • 今現場では何が起こっており、どのような対応が求められているか?
  • 今回の有事は所属組織にどのような変化をもたらすか?
  • 今後のスポーツ界はどのようになっていくか?

 

ざっくりとまとめると以下のような話をしました!

 

このあたりは、個人の業務に紐づくことも多く、公にできない部分もあるかと思うので割愛。。。

 


基本は”守り”の話をする組織も多かったですが、あえて”攻め”の話をしている組織も少ないながらあり、それぞれの立場によって異なる視点が共有されたのは興味深かったです。

 


今後のアクションプランも具体的な話が多く飛び交いました。特にスポーツへの投資が下がると見込まれる中、より一層スポーツの価値の定量化が求められるのでは?という視点は面白いものでした。

個人的にはこの自粛期間を使ってコンテンツを自ら提供する側にまわる人が増えた印象があり、それぞれの立場で活躍の幅を広げている点はすごく良いなぁと思いました。

 

個人の業務に紐付く話も多いためあまり具体的な話は載せられず残念ですが、SXLPはこのように今スポーツ界で奮闘している人たちが中心にシステムズエンジニアリング・デザインシンキングの知識を元に課題解決を目指す人材の育成とコミュニティの形成を行っています!

 

今年度もこのプログラムは形を変えて開催するようですので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

現在はスポーツに関わっていないけれど、今後活用して新たなことをやっていきたいという立場の人も増えていく見込みです!

 

自粛を余儀なくされていますが、同じような志を持つ人たちとディスカッションをするのは、精神衛生上すごくいいことだなぁと感じた次第でした。

 

フィギュア版とか、氷上スポーツ版のディスカッションもやりたいなー!

ABOUT ME
@hironowa_ru
修士まではスポーツバイオメカニクスを専攻。新卒で総合スポーツ用品メーカーに入社し、デジタル分野の新規事業開発に従事。現在は日本代表選手団に向けた映像分析サポートを行っており、大学院でコンピュータビジョンの観点からスポーツ映像解析の研究を行っている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です