Paper Reading

フィギュア・スケートの新しい採点システムの問題性 -2006年度グランプリシリーズ・男女シングル フリー・スケーティングを例として-

Paper Readingはほぼ自分用の簡易的な論文まとめです

・論文基本情報

フィギュア・スケートの新しい採点システムの問題性 -2006年度グランプリシリーズ・男女シングル フリー・スケーティングを例として-(2007)

竹内 洋輔

法政大学

スポーツ運動学研究20:69~81,2007

・どんな論文か

・フィギュアスケートの採点方式の変更(6.0⇢ISUジャッジングシステム)によって、技術と表現の比率が変わり、技術重視になっていることを指摘

・先行研究との差分(新規性)

・ルールの変更に関する先行研究論文はない。

⇢新採点システムの問題を指摘

 

・手法概要

・2006年GPシリーズ,男女シングル競技のフリー・スケーティング上位6名の演結果を取得

・上位3名と下位3名の得点の内訳を集計し分析

・仮想最高点と伸びしろの算出

・結果

・上位選手はTESが高い傾向にある。
・現状の上位選手の得点と仮想最高点を比べると、TESの得点割合がさらに増える可能性
・PCSでもTESのような項目(SS、TR)が見られる
・TESの多くがジャンプ
→芸術性の採点比率が低くなっている

・議論

・技術要素の基礎点の変更、PCSの項目に芸術性観点を加えるなどの改善が考えられる

・その他

ABOUT ME
@hironowa_ru
修士まではスポーツバイオメカニクスを専攻。新卒で総合スポーツ用品メーカーに入社し、デジタル分野の新規事業開発に従事。現在は日本代表選手団に向けた映像分析サポートを行っており、大学院でコンピュータビジョンの観点からスポーツ映像解析の研究を行っている。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です